CBDワックス

CBDワックスの「効果」と「使い方」について解説!メリットデメリットも合わせてご紹介

CBDワックスの効果と使い方 (アイキャッチ画像)

悩んでいる人
CBDワックスってどんな商品なんだろう…。CBDオイルやCBDリキッドと比べてどのように効果が違うんだろう。誰か詳しく教えてください。

こういった疑問にお答えします。

本記事の内容

  • CBDワックスとは?違法?
  • CBDワックスの効果について
  • CBDワックスの使い方について

どうも!CBDレビュアーのミスティーです。

この記事では、CBDワックスについて詳しく解説していきます。

「CBDワックスを試しに使ってみたい」

「CBDワックスの具体的な効果が知りたい」

という方はぜひ本記事を読み進めてみてください。

CBDワックスとは?違法?

CBDワックスの画像

CBDLIVINGのCBDワックス

CBDワックスとはCBDを固形化させた製品のことです。

各メーカーは「超臨界抽出法」という製法でTHC以外のカンナビノイドを固形化  (結晶化・凝固)させています。

超臨界抽出法とは、流体の圧力を元に戻して気化させる方法のこと。超臨界抽出法を使うことで、麻の有効成分を効率的に抽出することができます。

CBDワックスは基本的には「フルスペクトラム」もしくは「ブロードスペクトラム」タイプの製品です。

CBDワックスには、CBD以外のカンナビノイドが多分に含まれているので、より強いCBD効果に期待できます。

次に、「CBDワックスは違法なの?」という件についてですが、CBDワックスには違法成分である「THC」が含まれていないので違法ではありません。

CBDワックスの所持・使用はともに認められているので、安心・安全にご使用いただけます。

関連記事:CBDと大麻の違いについて解説【CBDとTHCの効果の違いとは】

CBDワックスの効果について

CBDワックスの効果は非常に強いです。

数あるCBD製品の中で最もCBD効果の強い製品と言えるでしょう。

なぜCBDワックスは他のCBD製品よりも効果が強いのかと言うと、単純にCBD濃度が高いからです。

CBDワックスのCBD濃度は90%以上の物がほとんど。

CBDワックスのCBD濃度はリキッドやオイルの10倍以上だと言えます。 (CBDリキッド・オイルの濃度は5%〜10%が一般的なので。)

中には「フルスペクトラム100%」なんて商品も売られているくらいです。

例えば「プラスウィードのCBDワックス」はフルスペクトラム濃度100%の商品ですね。

>>プラスウィードCBDワックスのレビューはこちら

CBDワックスは最高レベルまで濃度を高めているので、CBDヘビーユーザーの方におすすめです。 (ガッツリキメたい方はCBDワックス一択です!)

CBDワックスの効果が持続する時間はどのくらい?

摂取方法 効果が現れるまでの時間 CBDの吸収率 効果の持続時間
経口摂取 (カプセル) 30分〜1時間 6〜20% 6〜8時間
舌下摂取 (オイル) 15分〜30分 6〜20% 4〜6時間
気化吸入 (リキッド・ワックス) 数秒〜10分 56% 1〜2時間
局所摂取 (クリーム) 20分〜2時間 50% 2〜3時間

CBDワックスはCBDリキッドと同じ摂取方法 (肺から直接的にCBDを摂取する方法 )なので、効果の持続時間はおおよそ1時間〜2時間が目安です。

CBDワックスの持続時間は他の製品よりも短いですが、とはいえ効果があらわれるまでの時間で言えば10分以内とかなり早いです。

なぜCBDワックスを摂取するとすぐに効果が現われるのかと言うと、CBDワックスの場合はCBDを肺から直接的に摂取できるからです。

肺から摂取する場合はCBDの最大56%を血液中に到達させることができます。

「今すぐCBDの効果を得たい」

という場合でしたらCBDワックス一択でしょう。 (CBDリキッドでもOK)

CBDワックスの使い方 (摂取方法)について

CBDワックスを摂取するためには、CBDワックス専用のアトマイザーが必要です。

デバイスに関しては、CBDリキッドと同じヴェポイライザーを使用しても問題ありません。

CBDワックス専用のアトマイザーは「Amazon」や「楽天」で購入できます。

本格的にCBDワックスを摂取したい方は「CBDワックス専用デバイス」を用意しても良いでしょう。

個人的にプラスウィードのCBDワックス専用デバイス「ディッパー ディップ&ダブバブラーベポライザー」はかなりおすすめ。

実際に使ってみたところ、CBDの吸収率が高くて驚きました。

実際に使っているところを動画で撮影したので載せておきます↓↓

プラスウィードのCBDワックスとデバイス

+WEED DIPPER DIP & DAB BUBBLER VAPORIZER

なお、プラスウィードの専用デバイス「ディッパー ディップ&ダブバブラーベポライザー」は、CBDワックスとセットで購入すると無料でもらえます。

※詳しくは「プラスウィード公式サイト」よりご確認ください。

さて、次に「CBDワックスの使い方」についてです。

CBDワックスの使い方はCBDリキッドの摂取方法と同じです。

アトマイザーの中にワックスを入れ、後はCBDリキッドと同じようにボタンを押しながら息を吸い込めばOK。

煙が出てくるので肺に溜め込んで吐き出せば直ぐに効果があらわれてきます。

CBDワックスのメリット

私が思うCBDワックスのメリットは以下の3点です。

  • CBD製品の中で最も高濃度
  • 短時間で効果が現われる
  • 効果を体感しやすい

CBDワックスは数あるCBD製品の中でもっとも高濃度な製品なので「効果をしっかりと体感できる」という点がメリットです。

「CBDリキッドやオイルでそこまでCBD効果が得られなかった…。」

そんな方はぜひCBDワックスを使ってみてください。その効果に驚くはずです。

そして、CBDワックスは「効果が現われるまでの時間が短い」という点もメリットですね。

CBDワックスならものの数秒で効果が現れてくるので「今すぐCBDを摂取したい」という場合におすすめです。

CBDワックスのデメリット

私が思うCBDワックスのデメリットは以下です。

  • 専用デバイスを用意しなければならない
  • 種類が少ない

先ほどお伝えした通り、CBDワックスを使用する場合は専用のデバイス (ヴェポイライザー)が必要です。

この「アトマイザーを別途用意する必要がある」という点が面倒だと思いましたね。

できればCBDリキッドのアトマイザーを併用したかったです。

そして次に、CBDワックスはオイルやリキッドよりもそこまで種類が多くないんですよね。

この点もデメリットだと思いました。

種類が少ないと自分好みの商品が見つからない可能性があります。

CBDワックスは効果に関して言えば間違いなく最強の製品なのですが、「手間やコスパ面ではCBDオイル・リキッドよりもやや劣る」というのが個人的な意見です。

CBDワックスの効果と使い方について|まとめ

本記事では「CBDワックスの効果と使い方」について書きました。

それではまとめです。

CBDワックスのポイント

  • CBDワックスは違法ではない
  • CBDワックスはCBD濃度が高い
  • CBDワックスの持続時間は1時間〜2時間が目安
  • CBDワックスを使用するには専用デバイスが必要
  • CBDワックスはコスパがやや悪い

CBDワックスはCBD濃度が非常に高いので、「がっつりキメたい」という方に非常におすすめな製品です。

実際に私もよく使用していますが、その強力な効果には驚かされてばかりです。

CBDワックスが気になる方はぜひ1度使ってみてください! (めちゃめちゃリラックスできますよ!)

というわけで今回は以上です。

関連
CBDワックス
プラスウィードの「CBDワックス」レビュー|フルスペクトラム濃度100%・現役最強のCBDワックス【ディッパー ディップ&ダブバブラーベポライザー】

続きを見る

関連
CBD LIVINGのCBDワックス
CBD LIVINGの「CBDワックス」を使ってみたのでレビュー【CBD濃度91.4%】【高濃度ピュアCBDワックス】

続きを見る

関連
CannaTech (キャナテック)の「CBDシャッター(ワックス)」レビュー【濃度90%・ブロードスペクトラム高濃度ワックス】

続きを見る

関連
CBDワックスの「効果」と「使い方」について解説!メリットデメリットも合わせてご紹介

続きを見る

-CBDワックス

© 2021 CBDの力 Powered by AFFINGER5